地球 津々浦々 旅ブログ。

海外・国内問わず、津々浦々 各地の食・酒・スポットレポ。

ロシア-お土産屋-社会主義時代のプロパガンダポスターなどはどこで買えそうか。おすすめのお土産屋・雑貨屋さん紹介。

先日行った、ロシア。

様々なお土産をご想像されるかと思いますが、私は、社会主義時代のプロパガンダポスターなどが大好きです。

 

どういう場所に行けばそんな品が手に入るのか、場所と買った物などご紹介します。

ロシアのお土産といえば?

まずはロシアのお土産といえばどんなものがあるのでしょうか。見かけた限りになりますが、代表的なものをざっと挙げてみたいと思います。

ロシアの工芸品系

マトリョーシカを代表とした、木工芸の品。

シベリア鉄道付近では、このような▼人形もよく見かけました。

大統領グッズ

プーチン現大統領だけでなく、スターリンなどの実在人物をかたどったグッズ。

今やロシア土産としては名物ですね。

CCCP・社会主義国アイテム

マグネットから、当時のデザインのピンズ、ポストカード・ポスターなど。

 

地域別・みつけたお土産の種類

それでは、ざっと、行った地域で主にどんなお土産屋があったかご紹介します。

イルクーツク付近

どちらかというと、自然の物をつかった、木をくりぬいた小物ケースだったり、マトリョーシカといったような、代表的なTHEお土産しか見当たりませんでした。

日本でいう、似たようなキーホルダーがずらりとならぶ観光地のお土産。といったところ。

モスクワ付近

百貨店:首都だけあって、百貨店などがあるので、そこでお土産を買う事もできそうでした。

木などでできたロシア工芸品など:赤の広場クレムリン付近に点在する、出店型お土産屋でも、マトリョーシカや、木でできた東欧風雑貨、洋風エプロンなどTHEお土産屋を見つける事ができます。

プーチンやレーニン、スターリンなどの顔入りグッズ:これらはどこに行っても売られています。

社会主義時代のアイテム盲点でした。社会主義時代の品を見つけたいと思ったら、本屋にいくのが一番近道でした。私が気に入ってポストカードを購入したのはこちらのお店。

 

この他にも、本屋で調べれば、モスクワのあちこちに点在しており、そこでなら、社会主義時代のポスターやポストカードがたくさん手に入ります。

ホテルの近くの本屋さんでもいいでしょうし、代表的な本屋さんはこれらになるようです▼>>トリップアドバイザー

House of Books  >本屋

New Arbat  >本屋

アルバート通り Old Arbat  >通り。本屋やカフェがたくさんある。

サンクトペテルブルク付近

はやりロシアの代表的な観光地だけあって、様々なお土産屋が揃う地域がこちら、サンクトペテルブルク。メイン通りのネフスキー通り▼を歩くだけでありとあらゆるお土産屋が見つけられます。

 

木などでできたロシア工芸品など:あらゆる観光スポットはもちろん、通りのお土産屋には大抵どこでも売られています。

プーチンやレーニン、スターリンなどの顔入りグッズ:これらはどこに行っても売られています。

社会主義時代のアイテム:モスクワに続き、やはり本屋さんが良さそうです。私がおすすめしたい本屋さんが、シンガーハウス(ビル) Singer Building です▼メインのネフスキー通りにも面した立地でとても便利。絵になる建物で、みているだけでもうっとりしてしまいます。

シンガーハウス(ビル) Singer Building  

 

その他にも代表的な本屋はたくさんあるようです。ホテルや行きたい観光地の近くで探してみるのはいかがでしょう。

持ち帰ったロシア土産

ということで、私が持ち帰ったロシア土産をご紹介します。

木の工芸品

木でできたエッグホルダー。ロシアらしいデザインです。

お菓子類

チョコは持ち帰り安く、たくさん手に入りました。

ロシアの代表的な建造物の写真が入ったチョコや

プーチン大統領チョコなど。マグネットも。

文具や雑貨

こちらは、ロシアのホテルのノベルティでもらったもの。素敵なデザインなので、使えそうかなと。

こちらは、観光で行った冷戦博物館でもらった、パスポートのデザインの入館チケット。チケットも凝っていますね。

同じく冷戦博物館で購入したレーニンピンズ。つい…買ってしまいました。

こちら以降は本屋さんにて。ピンズや、

とってもかわいいマグネット。

ポストカードもゲットです。

切手まで。

あとは、美しい絵葉書も数点。

 

たっぷり素敵なお土産も手に入って、とっても満足の旅でした。