読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球 津々浦々 旅ブログ。

海外・国内問わず、津々浦々 各地の食・酒・スポットレポ。

ロシア-サンクトペテルブルク-ロシア帝国時代の莫大な財力を示すエルミタージュ美術館。

日本でもたまに回ってきます、エルミタージュ美術館に行ってきました。

1764年にエカチェリーナ2世がドイツから美術品を買い取ったのが、エルミタージュ・コレクションのはじまりとなっているようです。

エルミタージュ美術館の起源はエカチェリーナ2世が1775年に建てた自身専用の美術品展示室であり、一般公開はされていなかったようですが、1863年に初代館長となったゲデオーノフによって市民も観覧が可能となったようです。
1917年のロシア革命後は貴族から没収されたコレクションの集積所となります。

エルミタージュ美術館 - Wikipedia

 

行き方・チケット

エルミタージュ美術館 State Hermitage Museum  

こちらも非常に有名なのでめちゃくちゃ並ぶと聞いてました。

が、ロシアあるあるで実際は、自動券売機はそんなに並んでなかったです。

 

こちらの、エルミタージュ美術館の入り口である冬宮殿をを入って行ったら

券売機がありますので、ぜひそちらで買うようにしましょう!

 

その他ネットから事前に申し込める現地人気NO1のSPB Tours というツアー会社もあるようです。日本からの申し込みよりはお得。

それでもちょっと心配…な方はやっぱりJTB などの日本のツアー会社が安心でしょう。あとは、海外ツアー・航空券を格安で比較できるエイビーロード結構使ってます。

かなり自由な個人をしたい方は、使い勝手がよく、旅券・ホテル・ツアーまで一括予約できちゃうエクスペディア がおすすめです。今回もほとんどここ使ってます。

 

場内の様子は、もう、広すぎて広すぎて…。

そんなゆっくり見てると疲れちゃうほど広く・たくさんの作品が並べられています。

f:id:tama222111:20160702192425j:image

 

f:id:tama222111:20160702192429j:image

 もう、すでに幾度となく見せつけられてはいますが…

ロシア帝国の財力すげー。。。

f:id:tama222111:20160702192432j:image

 

f:id:tama222111:20160702192519j:image

 

f:id:tama222111:20160702192525j:image

 

f:id:tama222111:20160702192530j:image

中には教会もありました。きらびやかですね。

f:id:tama222111:20160702192608j:image

 

最後に、日本から輸入された浮世絵の絵がいくつか展示されてました。

これだけたくさん、コテコテの油絵見てきた後での浮世絵はやっぱり素敵で

改めて浮世絵が良いな。と思えます。