地球 津々浦々 旅ブログ。

海外・国内問わず、津々浦々 各地の食・酒・スポットレポ。

ロシア-イルクーツクからバイカル湖への行き方・帰り方

個人ではなかなか行くのが難しいバイカル湖

なんせロシアは情報が少ないわ、英語があんまり通じないわ

(クレジットカードすら使えないことあるわ…)大変です。

 

バイカル湖へ行ってみたい!という方へ

私たちが行った行程をご紹介したいと思います。

お役に立てれば光栄です。

f:id:tama222111:20160703063300j:plain

そもそもバイカル湖はどこにあるのか?

バイカル湖畔の町は空港やシベリア鉄道駅のあるイルクーツクという町から

さらに60キロほど離れたリストビャンカという町です。

こちらホテルの人にもらった英語の地図。

この左下の図にあるようにかなり離れています。

 

 

イルクーツクからリストビャンカへの行き方

ホテルの人に聞く限りでは3通りあるそうです。

①シャトルバスで行く…一番安い。110ルーブルほど

②船で行く…便によるが1500ルーブル前後。船着場までは町からタクシーで200ルーブルほど

③ヘリコプターで行く?! 

 

船で行くのも良かったのですが

町の中心地から船着場までは車で15分ほどまで離れているそうです。

このホテルでもらったイルクーツク中心地地図右下の

黄色い道をさらに南に車で15分ほどなんだそう。

 

ヘリは、どこの富豪?!ってなるので詳しく聞きもしませんでした。笑

ということでシャトルバスで行くことに。

 

シャトルバスでバイカル湖沿いの町、リストビャンカへ

シャトルバスはこちらから出てるそうです。

あんまりグーグルマップの表示もないもんですから疑わしかったのですが

行ってみたらありました。こちらの建物内でチケットが買えます。

入ってみるとチケットの案内が上からつられています。右のようですね。

確かに足跡マークも書かれています。…こういうとこは頑張るんや…笑

足跡について右の部屋に入るとチケット売り場が。

あの「KACCA」というのがロシア語でチケット的な感じなんだと思います。

よく見かけます。

 

受付の人に「リストビャンカ」と伝えるとチケットを発行してもらえました。

ちなみにクレジットカードも使えます。使うほどの値段ではないですが…笑

公共交通機関がすこぶる安いのは元社会主義国あるあるですね。

こんな紙切れの感じがチケットらしい。

 

ちなみに時刻表が貼り出されていたのでご紹介。

最低でも一時間に一本は出てるようですね。

 

 

チケットを買えばあとは乗車です。

プラットフォームはどうやらチケット売り場の建物のさらに奥を通っていくみたい。

この看板にプラットフォームって書いてますが、この通路を通って外に出て右に向かうとプラットフォームがあります。

 

私たちはプラットフォーム3の所へ。

どれかわからずソワソワしながら

運転手にチケットを見せたら案内してもらえました。

 一応中は指定席らしい。

無事のれたので、あとはつくのを待つだけです♪

 

リストビャンカからイルクーツクへの帰り方 

リストビャンカへ宿泊する人もそうでない人も

空港や駅のあるイルクーツクへは一度戻らないといけません。

帰りもどこかに切符売り場があって、時刻表確認して…となるのかと思いきや

帰りは特にそういった必要はなくリストビャンカで降りたシャトルバス停で

シャトルバスの運転手を捕まえて「イルクーツク」といえば連れてってくれます。

料金も同じ100ルーブル/1人ほどです。

※ある程度人数が集まれば出発する制度のようなので時間は余裕を持ちましょう。

f:id:tama222111:20160703060843j:plain

こちらがシャトルバス停前にある建物兼インフォメーション。

シャトルバス停と言っても煩雑にシャトルバスが並んでるだけです。

 結構な数のバスがあったので、乗りあぶれた!ってことはなさそうでした。笑

 

こちらもご参考ください。

yoritabi.hatenablog.com

 

 

そのほかツアーでのバイカル湖への行き方

やっぱり心配…という方は、バイカル湖へはいくつかツアーもあるようです。

私たちは個人でしたが、英語もあんまり通じないロシア。より理解を深めたいのであればイルクーツクに着いてからツアーに申し込むのもいいかもしれません。

現地人気ツアー

Baikal Explorer - Day Tours<<トリップアドバイザー 

 

あと、私は、日本から一気にツアー申し込みたい!って時は海外ツアー・航空券を格安で比較できるエイビーロードはよく使っていますし、使ったことはないけど、話を聞くに、固いところで行くならやっぱりJTB かと。

 

かなり自由に個人旅行した方へは、旅券・ホテル・ツアーまで一括予約に使い勝手の良いエクスペディアを使っています。