読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球 津々浦々 旅ブログ。

海外・国内問わず、津々浦々 各地の食・酒・スポットレポ。

ロシア-バイカル湖 せっかくなら学びのある旅に。バイカル湖ミュージアムに行ってみた。

バイカル湖の歴史〜生体まで幅広く学べると噂のBaikal Limnological Museum バイカル湖ミュージアム に行ってみました。

f:id:tama222111:20160703071738j:plain

行き方

リストビャンカのバスターミナルからシャトルバスの運転手に直談判。

そこらへんにバスがあるので簡単に捕まえられます。

人数がある程度集まったら出発するみたいなので時間は確定してなさそう。

地図を見せたり「ミュージアム!」といえばわかってもらえます。

だいたい20ルーブルくらいで連れてってもらえます。

Baikal Limnological Museum バイカル湖ミュージアム

 

こちらの何もないバス停が目印。

f:id:tama222111:20160703061937j:plain

 

 

バイカル湖ミュージアム

f:id:tama222111:20160703062429j:plain

到着しました。

受付でチケットを購入。310ルーブル。クレジットも使えました。

f:id:tama222111:20160703072243j:plain

 

中は、バイカル湖の成り立ちから生体まで幅広く紹介。

f:id:tama222111:20160703061751j:plain

これは、西と東じゃ地層が違うことを表しているようです。

この2つの地層が縦に擦れ合ってズレた隙間に水がたまり、湖になったのがバイカル湖

大きな地層が縦にずれてできたので、どおりで底が深いわけですね。

 

f:id:tama222111:20160703061903j:plain

ちょうど地層が重なるところなのでこのように地震も多いようですね。

日本海溝のようなイメージでしょうか。

 

f:id:tama222111:20160703073626j:plain

こちらはバイカル湖の水深ごとの生体の変化を表してます。

季節ごと・水温の変化ごとに生体が変わっていくのが見て取れます。

 

その他、生き物の剥製や、水族館もあります。

f:id:tama222111:20160703061927j:plain

アザラシも優雅に泳いでました。

f:id:tama222111:20160703061908j:plain

 

あと一番の目玉??

バイカルダイビング!笑

f:id:tama222111:20160703073927j:plain

こちらは潜水艦のような部屋に入り

さもバイカル湖を沈んでいっているように見せるアトラクション??です!

f:id:tama222111:20160703073942j:plain

なかなかリアルな映像。。。

 

 

そのほか、二階にはバイカル湖の生物を顕微鏡で見れる施設もあったり。

館内の人は英語でなら、積極的に案内してくれたり

ロシアなりに創意工夫がされてます。

 

3Dの映像が ここ、世界自然遺産なんですけど?!ってくらいチープだったり

そもそも文字が読めなさすぎて困ったりしましたが

なかなか面白いのでせっかくバイカル湖おいでになるなら是非。

Baikal Limnological Museum バイカル湖ミュージアム

 

 

yoritabi.hatenablog.com