読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

地球 津々浦々 旅ブログ。

海外・国内問わず、津々浦々 各地の食・酒・スポットレポ。

ロシア-シベリア鉄道乗車!車内環境。様子など。

さて!ついにシベリア鉄道乗車です!ドキドキ!

f:id:tama222111:20160619223503j:image

 

列車のホームに入るのは特に改札などはなく

入り口に立っている駅員さんにチケットを見せて乗車して行きます。

f:id:tama222111:20160619223606j:image

各部屋にはすべてドアがついてるので安心。

f:id:tama222111:20160619224735j:image

私たちは2等席 上段。

f:id:tama222111:20160619223517j:image

意外と広い。

頭ほどには荷物がのせられる場所があり

f:id:tama222111:20160619223525j:image

ハンガーかけるところまで。

f:id:tama222111:20160619223607j:image

足元にはかなり広めの荷物置き場まであります。

 f:id:tama222111:20160619223705j:image

ちなみに下段の人は寝床が開閉できるのでその中に入れるそうです。

f:id:tama222111:20160619223924j:image 

場所についたら、駅員さんにシーツを渡されるので、それを敷いてあとは寝るだけ。

このシーツは最後到着駅で畳んで駅員に返しに行きます。

みなさんマナーいいんですね。

 

あとこんな、お湯が出るやつもありました。

f:id:tama222111:20160619224148j:image

 

寝台列車なのでトイレや食堂車もついています。

yoritabi.hatenablog.com

寒いことを見越して、トイレの手洗い場はお湯まででます。みんな毎朝トイレで歯磨きや顔を洗ってました。笑

一等車はシャワーも浴びれるらしいです。 

 

ちなみにこのトイレは、駅に停まると鍵がかけられてしまってしまいます。

なぜなら旧式のシベリア鉄道の列車は、昔の日本の列車もそうであったように、トイレに流れる排泄物はそのまま外へ垂れ流しになるからです。

なので駅で停まるときにトイレには行けません。ご注意ください。

 

 

あと、意外と便利なのはこの時刻表。

f:id:tama222111:20160619224325j:image

モスクワ時間と駅名がかかれてるので、今自分がどのあたりにいるのか一目瞭然です。

 

 

最後下車時は早朝6:00だったのですが

なんとご丁寧に駅員さんがみんなを起こしにきてくれました。

f:id:tama222111:20160619224842j:image

や…やるやないか。

 

あと、ご注意いただきたいのが、

ウラジオストクから直通でイルクーツクにくる場合、バイカル湖沿いは朝4:00すぎるとかなので、真っ暗で見えませんでした〜、、残念!

バイカル湖沿い走る姿を見たい方は、付近通過時間はチェックしてご乗車くださいね!

f:id:tama222111:20160619225046j:image

 関連記事

yoritabi.hatenablog.com